■アオマルメヤモリの飼育

本種の飼育にあたって

 

本種は気難しさのない素直で陽気なヤモリです。最初に環境さえキチンと整えてあげれば飼育は容易と言って良いでしょう。しかし彼らはその身体の小ささから外的要因による影響を大きく受けやすくもあり、調子を崩した際、様子を見ながら飼育環境を修正していく時間的余裕を与えてはくれません。

取り敢えずの雑な環境で飼い始め、環境の不備から拒食や脱水でもしたら、立て直す間もなく決着がついてしまうでしょう。

くれぐれも事前の環境づくりには手を抜かず、完璧に整えてあげてください。

それが人間である我々飼育者の、滅びゆく小さな友に対する大きな責任です。

IMG_20200729_150346.jpg
ケージ
IMG_20200612_112650.jpg
IMG_20200323_104737 1.jpg
IMG_20190414_160708.jpg

■ケージ

一生を木の上で暮らす樹上性であることから、ケージには面積よりも高さが求められます。

 具体的には単独飼育で幅20cm×奥行20cm×高さ30cmが最低サイズでしょう。 

ペア飼育の場合は幅30cm×奥行30cm×高さ45cm程度が望ましいサイズです。 

もちろん広いに越した事はありません。ケージが広いと温度や湿度に勾配ができやすく、生体が自ら好適環境を選択しやすくなる為、より飼育が安定します。 

照明に紫外線灯(後述)を使用する関係上、天井部はメッシュ加工(ステンレスの金網等)になっている必要があります。 

■通気性

非常に重要な要素です。本種に限らずケージ内で飼育するあらゆる動物に「蒸れ」は厳禁です。通気性の悪いケージでケージ内が高温になってしまうと、どんな生物も驚くほどあっけなく死亡してしまいます。

ケージ下部と上部に空気の通り道がある事により、ケージ内に外からの空気が循環します。 

各社より発売されているビバリウム専用ケージはそのあたりをを考慮して作られている為、それらを使用するのが最も安定するでしょう。

■ケージの設置場所

樹上性種の特徴として上から見下ろされる事を極端に嫌います。ケージは人間の目線より上に設置し、彼らが飼育者を見下ろせるようにするのが良いでしょう。 

また、頻繁に出入りのあるドアの付近や、足音などの振動が伝わりやすい場所も彼らが落ち着けず良くありません。 

その他、天敵であるヘビや鳥、室内飼育の猫等が視界に入る環境も彼らを怯えさせる原因となります。ストレスにより体色が黒ずんだり、餌を食べない拒食の状態になってしまう恐れがありますので注意が必要です。 

 

■レイアウト

日中活発に立体活動するのが本種の魅力です。多くのヤモリ類と同様に足の裏に趾下薄板を持つ本種は、ガラス壁面や天井すらも活動域にしますが、より自由で安定した立体活動が出来るよう、ケージ上方に水平の足場があると良いでしょう。枝や流木を横方向に設置するのがおすすめです。

■植物のすすめ

鉢植えのビバリウムプランツ等の植物を設置すると、その枝や葉が活動スペースになりますし、葉陰が適度な目隠しになり生体も落ち着きます。

また、葉の表面が霧吹の水滴を程良く留めたり、葉からの蒸散等によって湿度が保たれたり飼育環境が安定しやすいでしょう。森を再現し、その中で活き活きと躍動する本種は大変見応えがあるものです。

■床材

基本的に地面には降りませんので底床はキッチンペーパーや新聞紙を敷くだけでも問題ありませんが、用土やソイルを敷くと植物の成長や湿度の維持、排泄物の分解等が期待できます。ただしダニやコバエなどが発生するリスクもある為、日頃の注意が必要です。 

 

 

飼育ケージの一例
流木で組んだ水平方向の足場
緑豊かなケージは観賞価値も高まります。
照明
IMG_20200820_122653.jpg
IMG_20200612_112750.jpg
小型のレフ球を用いたホットスポット。ケージ外より照射。
IMG_20200807_142341.jpg

​■紫外線灯

昼行性である本種は、自然下では太陽光から紫外線の特定波長(UVB波)を吸収し、

体内でビタミンD3を生成しています。​ビタミンD3はカルシウムの吸収に不可欠なビタミンであり、不足欠乏すると​カルシウムを摂取しても吸収が出来ず、骨格異常やクル病のリスクが高まります。

​観賞魚用等の蛍光灯やLEDライトは紫外線を発しない為、爬虫類専用の紫外線灯が必要になります。また、ビタミンD3の生成に必要なUVB波はガラスを透過しない為、天井がメッシュ状になったケージを選ぶ必要があります。

D3入りのカルシウム剤で経口摂取させる方法もあるようですが、必要量の見極めが難しく、過剰摂取によるリスクもある為、ここは素直に紫外線灯の使用が望ましいでしょう。

紫外線灯は各メーカーから様々な製品が販売されていますが、大きく分けると2種類あり、砂漠等に住む紫外線要求量が多い種類に向けた線量が多いタイプと、森林等に住み木漏れ日を浴びる紫外線要求量がそこまで多くない種類に向けたタイプとがあります。アオマルメヤモリは後者にあたりますので、選択の参考にされると良いでしょう。 

■ホットスポット(バスキングスポット)

外気温によって体温が変動する変温動物である彼らは、体温調節の為に、自然下では日光浴をして体温を上げたり、涼しい木陰に移動して体温を下げたりして自らの体温を調節しています。限られた空間であるケージ内でも、生体が自ら活動適温に調整できるよう、ケージの一角に、熱を放射するレフ球等の光を当て、その部分だけ高温の箇所を設けます。これをホットスポット(バスキングスポットとも)といいます。

実際の飼育下でも朝の照明点灯時にはまずホットスポットにあたり、活動しやすい体温に上げているのが観察できます。また、給餌後も体温を上げて消化を促す為、ホットスポットにあたりに行くことが多く見られます。

理想的には、ベースの温度が25℃~27℃程度に対し、ホットスポット直下が29℃~32℃くらいでしょうか。

注意すべきは、ホットスポットに使用する電球の出力が大きすぎたり、夏季など室温が高い状態での照射は、ケージ内全体が高温になりすぎてしまい、生体がオーバーヒートしてしまいます。

また、ホットスポット用のレフ球は非常に高温になる為、ケージの外から照射する方が安全です。ケージの内部に設置する方法もありますが、立体活動をする本種の場合電球に接触して火傷をしてしまうリスクが非常に高いです。​身体の小さな本種は、小さな火傷でも致命傷となり得る為おすすめしません。

加えて、ホットスポット用のライトは、頑丈に固定しないと向きが変わったり落下した場合、火災の原因となる為、くれぐれも慎重かつ厳重に配置する必要があります。

照明、ホットスポット共にタイマーで点灯消灯を管理するのが良いでしょう。 

点灯時間は1日8時間~10時間程度。朝に点灯し夕方に消灯するのが普通ですが、飼育する方の生活サイクルによっては昼夜逆転する場合もあるでしょう。その際重要なのは夜にあたる時間帯(実時間では日中)に暗闇を用意してあげる事です。照明は消えてカーテンが閉まっていたとしても、日中の部屋は暗闇とは程遠い明るさのはずです。これでは充分に就寝できず、体調やホルモンバランスを崩してしまいます。やむなく昼夜逆転で飼育する場合は、カーテンに遮光率の高い暗幕を使用する等の配慮が必要です。 

ちなみに、生息地のタンザニアでは年間で最も日照時間が短いのが1月で約8時間。最も長いのが7月で約10時間。日本は最も短い冬至が約10時間。最も長い夏至が15時間となります。 順応性の高い本種には、現地環境の再現にナーバスになる必要はあまり感じませんが、タイマー調節の参考にされると良いでしょう。 

バスキングの様子
温度・湿度
IMG_20200820_122559_edited.jpg
デジタル温湿度計
IMG_20200807_143338.jpg
ミスティングの様子
IMG_20200807_143557.jpg
水をたたえる葉

■温度

適温は25℃~27℃程度です。冬季は壁面(外側)にパネルヒーターを張り付けるなどして、ケージ内部で20℃以上を維持できれば、あとはホットスポットで自ら体温調節しながら活動します。 

注意すべきは夏の暑さです。一時的であれば30℃以上の高温でも問題ありませんが、風通しがあるのと、夜間はある程度涼しくなる事が前提であり、夏場の閉め切った室内などは蒸れてしまい非常に危険です。24時間部屋ごとエアコンで管理するのがベストですが、難しい場合、夏場はホットスポットを切る、風通しの良い場所にケージを移動するなどの対策も必要になります。 

最も安定するのはエアコンで部屋ごと温度調節する方法です。24時間365日エアコンを稼働させるのは電気代も相応になる為、誰しもができる方法ではありませんが、ケージ数の多い飼育部屋をお持ちの方は、個別にヒーター等を設置するよりかえって経済的だったりもします。

また、ホットスポットを最高温度としてケージ上部は高温度帯になりやすいです。ケージ中段に涼しい日陰の部分を設ける等、彼らが好みの温度帯に身を置けるよう、ケージの中に温度勾配をつけてやるとより良いでしょう。温度勾配を演出するには、ある程度広めのケージの方が有利です。 

夜間はホットスポットが消灯し温度が下がりますが、昼夜の温度差は望ましい事です。夜の森は涼しいものですから。

逆に真夏の熱帯夜などで夜温が下がらないと、調子を崩す事があります。

■湿度

湿度は60%程度を基本とし、朝の照明点灯時と夕方の消灯前の1日2回、ケージ内全体にたっぷりと霧吹をし、一時的に湿度の高い時間帯を作ってあげます。通気性が確保されているケージであれば、通常1~4時間程度でミスト分は蒸発し、基本湿度の60%程度に落ち着くはずです。 

いつまでもミストの水滴が残っているならば、通気性を見直す必要があるでしょう。常時ジメジメと過湿な状態が続いてしまうと調子を崩し、皮膚病を発症するおそれもあります。 

また、過度な乾燥にも注意が必要です。本種も他の爬虫類と同様定期的に脱皮をします。通常は脱ぎ捨てる古い皮を自ら食べながら、ツルンと綺麗に脱皮をしますが、脱皮前に湿度が不足していると古い皮がうまく脱げない脱皮不全と呼ばれる状態になってしまします。特に尾や指先、腹部に皮が残りやすく、最悪の場合指や尾が壊死欠損してしまう事もあります。 温度同様湿度もメリハリが重要です。 

 

湿度を安定させる最善の方法は、生きた植物をケージ内に入れることです。 

葉に水滴を留める効果はもちろんのこと、葉から水分を蒸散させる効果により湿度が抜群に安定します。 

壁面にツル性の植物を密生させるのも非常に効果的ですし、大きめの観葉植物であれば葉や枝、幹のすべてが彼らの活動域になります。 

ケージ内にジャングルを再現するくらいのつもりでチャレンジしてみると良いでしょう。 

緑豊かなケージはインテリアとしての効果も非常に高く、お部屋がグッと引き締まります。 

エサ
IMG_20200807_143124.jpg
人工飼料各種
IMG_20200820_122841.jpg
カルシウム剤

■餌

自然下では昆虫類を主として熟した果実等も口にしているようです。 

飼育下ではサイズに合ったコオロギ等の昆虫を与えますが、そのままだとカルシウムバランスが悪いので、市販の爬虫類用カルシウムパウダーを昆虫にまぶして(ダスティング)与えます。カルシウムパウダーはビタミンD3が添加されている物と添加されていない物に大別されますが、紫外線灯を使用し、自らD3を生成させる本種の飼育においては、D3を含まない物が適しています。 

また、近年では、デイゲッコー用やクレステッドゲッコー用に、水で溶くだけのパウダー状の人工飼料も普及しており、製品の質も非常に高い為、これだけで累代飼育が出来るとも言われています。実際当ラボでも、補助的にコオロギなどの昆虫類も与えてはいますが、ほぼパウダーフードのみで飼養しており、充分な好結果が得られています。 

また、拒食や産後の個体には、サイズに合った大きさのハニーワーム(ブドウ虫)を与えると、嗜好性と栄養価の両面で高い効果を発揮しますが、消化が悪いというデメリットもある為使い方にはご注意ください。

 

  • 水 

自然下では朝露や雨が樹木の葉に着いたものを舐めて補給しています。 

飼育下においては、朝夕の霧吹によるミストだけで充分な水分補給ができますが、ケージ内に水容器を常設する場合、地面には置かず、ケージ上層部に設置しないと気付かれない事があるのと、水深を浅くしないと水容器内で溺死するリスクもある為注意が必要です。 

また、雑菌が繁殖しないよう水は毎日必ず交換しましょう。 

IMG_20200913_105943.jpg
IMG_20200820_122501_edited.jpg